2009年09月24日


Java : JSP が使うユーザパッケージのクラス

lightbox.Test
文字列の現在の日付を返すクラスとインスタンスのメソッド

package lightbox;

import java.util.*;
import java.io.*;
import java.text.*;

public class Test {

	// *****************************************************
	// 日付文字列 ( インスタンス )
	// *****************************************************
	public String getDateString( ) {

		Date myDate = null;
		String strDate = null;

		myDate = new Date();
		strDate = DateFormat.getDateInstance().format(myDate);

		return strDate;

	}

	// *****************************************************
	// 日付文字列 ( クラス )
	// *****************************************************
	public static String getDateSystem( ) {

		Date myDate = null;
		String strDate = null;

		myDate = new Date();
		strDate = DateFormat.getDateInstance().format(myDate);

		return strDate;

	}

}


JSP での利用
1) Import
2) useBean
3) useBean + getProperty

Import
<%@ page
	language="java"
	import="java.io.*"
	import="java.text.*"
	import="java.util.*"
	import="lightbox.*"
	contentType="text/html;charset=Windows-31J" %>
<%
response.setHeader( "Expires", "Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
// *********************************************************
// 日付・時刻表示
// Test.java を通常のパッケージ(クラス)として利用
// ( ※ 6 行目の import で実装 )
// *********************************************************
// インスタンス作成
Test myTest = new Test();
// インスタンスのメソッドより取得
String strDate = myTest.getDateString();

%>
<HTML>
<BODY>

日付(インスタンス) = <%= strDate %><br>
日付(クラス) = <%= Test.getDateSystem() %><br>

</BODY>
</HTML>


useBean
<%@ page
	language="java"
	import="java.io.*"
	import="java.text.*"
	import="java.util.*"
	contentType="text/html;charset=Windows-31J" %>
<jsp:useBean id="myTest" scope="session" class="lightbox.Test" />
<%
response.setHeader( "Expires", "Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
// *********************************************************
// 日付・時刻表示
// Test.java を Beans として実装
// ( ※ 7 行目のタグに注目 )
// jsp タグによって、myTest というインスタンスが作成される
// *********************************************************
String strDate = myTest.getDateString();

out.println(strDate+"<br>");
%>
<HTML>
<BODY>

日付 = <%= strDate %>

</BODY>
</HTML>


useBean + getProperty
<%@ page
	language="java"
	import="java.io.*"
	import="java.text.*"
	import="java.util.*"
	contentType="text/html;charset=Windows-31J" %>
<jsp:useBean id="myTest" scope="session" class="lightbox.Test" />
<%
response.setHeader( "Expires", "Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
// *********************************************************
// 日付・時刻表示
// Test.java を Beans として実装
// ( ※ 7 行目のタグに注目 )
// jsp タグによって、myTest というインスタンスが作成される
// メソッドの結果をコードでは無く、タグで実装 ( 22 行目 )
// ※ タグのプロパティで使用する場合は、先頭を小文字にする
// *********************************************************
%>
<HTML>
<BODY>

日付 = <jsp:getProperty name="myTest" property="dateString" />

</BODY>
</HTML>



タグ:java Tomcat JSP
posted by at 2009-09-24 12:04 | Java/VB.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日


VS2005 マスタメンテサンプルソースコード


ブラウザでダウンロード

DB : MySQL ( または Oracle ) / ODBC 接続

※ Grid で一覧によるコード参照
※ 印刷プレビュー
※ メール受送信( Basp21 )
※ GUI ログ表示

Mtn


posted by at 2009-09-16 14:17 | VB.NET Framework2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します