2017年04月21日


SortedDictionary クラス / Run Code( オンライン 実行 ) / C#



Run Code は、広告表示も無いしログインしなくても使い勝手がいいです。ideone は、ログインが Facebook ベースで可能なようだったのに、結局アカウント登録しないと使えませんでした。ログインしないと使い勝手が悪く、広告が邪魔です。

Run Code は Google アカウントで実際にログインでき、コメント投稿は Facebook、Twitter、Google が選択できます。

ただ、運営規模が小さいのか、ユーザが16人しかログインして利用していませんでした。自分の ID が1ページ目に出て、ページがまだ1ページしかありません。おそらく、ログインしなくても使える部分が多いので、自分のコードを登録して再利用する必要の無い人にとっては、その利用方法へと移行しないのだと思います。

Run Code のインターフェイスは、シンプルで使いやすいです。とにかく、ログインしなくてもコードテストが普通に繰り返しできるので便利です。
// ***********************************************************
// ソートされたディクショナリ
// ***********************************************************

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text.RegularExpressions;

namespace Rextester
{
    public class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            // インスタンス作成
            SortedDictionary<string, string> openWith = new SortedDictionary<string, string>();
    
            // ディクショナリに追加
            openWith.Add("txt", "notepad.exe");
            openWith.Add("bmp", "paint.exe");
            openWith.Add("dib", "paint.exe");
            openWith.Add("rtf", "wordpad.exe");

            // 一覧表示
            foreach( KeyValuePair<string, string> kvp in openWith ){
                
                Console.WriteLine("Key = {0}, Value = {1}", kvp.Key, kvp.Value);
                
            }
        }
    }
}


Microsoft ドキュメント

.NET Framework 4 : SortedDictionary



タグ:C#
posted by at 2017-04-21 22:32 | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日


C# : クラスの参照エラーを『競合の解決』

たいていの参照エラーは、右クリックから『競合の解決』で、必要な参照を選択すると自動的に解決されます。





WebClient で WEB上のファイルを取得
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Net;

namespace ConsoleApplication1 {
	class Program {
		static void Main(string[] args) {
			WebClient webClient = new WebClient();

			// 外部サービスからバイト配列を取得( UTF-8 )
			Byte[] result = webClient.DownloadData((new System.Uri("http://textt.net/sworc/20111003055900.txt")));
			// UTF-8の外部データを String として取り込んで表示
			Console.WriteLine(Encoding.GetEncoding("UTF-8").GetString(result));
			// 表示を確認する為の一旦停止
			Console.ReadLine();
		}
	}
}




posted by at 2014-11-28 02:10 | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日


コンソールアプリケーションで WebClient

データのキャラクタセットにあわせて、String に変換する為に DownloadData でバイト配列を取得します。
実際に、コンソールウインドウが表示されるので、ReadLine で処理を中断して表示を確認します。
using System;
using System.Text;
using System.Net;

namespace ConsoleApplication
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            WebClient webClient = new WebClient();

            // 外部サービスからバイト配列を取得( UTF-8 )
            Byte[] result = webClient.DownloadData((new System.Uri("http://textt.net/sworc/20111003055900.txt")));
            // UTF-8の外部データを String として取り込んで表示
            Console.WriteLine(Encoding.GetEncoding("UTF-8").GetString(result));
            // 表示を確認する為の一旦停止
            Console.ReadLine();
        }

    }
}

最近はオンラインコンパイラというサービスがたくさんあり、本来パーミッションの関係でこのようなアブリは動作しないのですが、以下のサイトでは動作しました。( 日本語の読み込みは無理でしたので、英数字のみで )

compileonline.com

※ 本来問題があるはずなので、いつまで動作するかは解りません。
using System;
using System.Text;
using System.Net;

namespace ConsoleApplication
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            WebClient webClient = new WebClient();

            String str = webClient.DownloadString((new System.Uri("http://textt.net/sworc/20120929080456.txt")));

            Console.WriteLine(str);       
        }

    }
}



posted by at 2013-04-03 17:27 | C# | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します